1. ホーム
  2. 同棲で破局
  3. ≫実年齢でしか判断しない男とはつきあうな。どうせいつか捨てられる

実年齢でしか判断しない男とはつきあうな。どうせいつか捨てられる

喪女美

婚活男性は「見た目年齢より実年齢重視」というのが一般的。
じゃあ年くったら捨てるの?

男性は「実年齢重視」という婚活市場

 

婚活をスタートする女性がとことん言い聞かされるのが『婚活は一歳でも早くスタートしたほうが有利!男性は見た目年齢よりも実年齢を重視するから』と耳タコ。

じゃあもう年とっちゃった人はどうすんのよ?

というわけで、あえて『実年齢でしか判断しない男とはつきあうな』というエントリーをあげてみました。あのね、どうせみんな年は取るんですよ。20代でピチピチの女性と10年付き合ったら30代。30代になったら捨てちゃうの?

 

年をとったら捨てられた女性

douseisyuryou

そういえば「同棲終了日記~10年同棲した初彼に34歳でフラれました~(おりはらさちこ)」というコミックエッセイがあって、見事に「年取ったら若い女に乗り換えられて捨てられちゃった」という女性のお話だったんですけど、実年齢でしか判断しない男を選ぶとこういうことになっちゃう可能性大ですよ。

この漫画、ホントひどくておりはらさんがなまじ彼氏に「結婚してほしい」とプッシュしていなかったためにズルズル10年、女の花の盛りである20代を彼と過ごした挙句、彼が「職場の若い女性を好きになった」と別れを告げるんですね。

そりゃまあ法的責任なんかないわけで、「もう好きじゃなくなったから」という理由だけであっさり別れられちゃうんですけど、少しでも相手の女性に対して愛情があるんだったらもっと若いうちに「自分には結婚の意思がない。それでも同棲を続けていいのか」と一度は彼女に問うべきだったろうと思います。それが男の誠意というもの。10年も同棲していたら正直「内縁の妻」と言ってもいいでしょうし、何の責任もとらずに放り出す男性の無責任さに腹が経ちました。

 

もしおりはらさんも軽い女性で、彼に結婚なんて求めていないしお互いに自由恋愛を楽しめばいいという考えだったらこれはアリだったでしょうが、そういうわけではなく「このままずっと一緒に年をとっていけるんだろうなあ」という淡い期待をもって生きてきたわけで(将来設計ないとかそういう批判もあるだろうけど、計算高くなくて相手の男性を束縛もしないおおらかな女性だと喪女美は思います)、10年も一緒に暮らしてたらそういう人だというのはわかるだろうし、彼女がやり直し可能な年齢でけじめをつけなかったあたりに男性側のやさしさがまったく見えませんでした。

つまり『若ければ若いほど女はいい』という男は、相手の女性に対して人間的なやさしさを持っていないということです。人と人として愛情を持っているのであれば、相手の将来について真剣に考えてあげただろうし、まして自分と別れたあとに年齢をとったぶんだけ将来的に悪条件になると男ならわかっていただろうし、「つかの間の恋愛ごっこ」でしかなかったんでしょうね。

だから年齢でしか判断しない男とは、絶対につきあってはいけないのです。

 

男女の間柄は年齢にかかわらず「けじめ」が大事

TAKEBE160224080I9A0482_TP_V

年をとってから彼に捨てられてしまった女性の恋話を聞いていると、基本的に女性側がのんきすぎるというのもあります。男性側にとってみれば「結婚」を迫られるのがかなり恐怖というかうっとうしいのもわかるんですが、女性から結婚を言い出さないとズルズルと年だけをとって捨てられてしまう、という恐怖のほうが大きいんです。

それに同棲生活というのは上記の例のとおりに何の法的責任もなく、離婚するのと違って慰謝料請求をしたり、浮気を責める法的権利もありません。気持ちが変わったら、終わり。同棲というと聞こえがいいけど、お手当のない愛人生活みたいなもんです。

女性が自分の立場と男性との間柄をはっきりとさせなければ、男性の都合のいい存在にさせられるだけです。だって、いつでも浮気できて、好きなときに自由にできる女性がいて、ごはんも洗濯もしてくれる、養う義務もないし、なんの責任もとらなくていいって最高でしょ。けじめつけないと、こんなふうに男性にいいようにされるんですよ。

同棲が悪いとは言わないけれども、ある程度関係がかたまってきたらきっちり「わたしたちの関係ってこの先どうなるの?」ってきちんと話をすすめておかないと、おりはらさんみたいな最悪の目にあうってことです。

 

おりはらさんのその後は?

 

おりはらさんのブログを見ると、まだ新しい出会いもなく、結婚もされていないようです。漫画家としてしっかり活動はされいるので、ひとりで食っていくぶんには困らないのかな。前カレとの関係で男性が嫌になったのかもしれませんね。

心から好きになれる男性でなかったら、無理して結婚する必要なんかないんですよ。ちゃんと自活していける女性なら。養ってもらうためにたいして好きでもない男と結婚しようという女性より、魅力的ではないですかね。

コミックエッセイは内容が内容だけに、ブログ炎上などもあり荒れた様子でしたが、実生活をネタにしてしまう危険性を感じました。あと、おりはらさんの初めての交際相手がその彼だったということで、ひょっとしたらたまたま男当たりが悪かったのかも・・・と思います。誠意のある男性、ってどこかにいないのかしらね。

ぶっちゃけ金さえあれば男なんていらないんじゃね?

1歳でも早く結婚する努力する女・・・って怖いでしょ?

 

男がね、「若い女、1歳でも若い女」って言いはるから女性たちが婚活で『1歳でも早く結婚する努力をしなさい!』と煽られて本気になってるんですよ。婚活しててそんな血眼になった女性ばっかりだと、男だって「怖い」と思うでしょ。

そういう女性は「結婚、とにかく早く結婚!」と頭の中は結婚しなきゃ、でいっぱいだから相手の男性についても条件でしか見れない状況かもしらんね。これって男女お互いに悪循環じゃないですか。

実際お見合いパーティでアラサー・アラフォーだらけのところに20代女子がまぎれこんだら、顔が並みでもモテモテ、という現象があって、その女性の魅力というよりは「若さ」という光に群がる虫みたいなもんです。その結果として生まれるのが、ギラついた婚活女性、というわけなんです。

 

まとめ

 

実年齢でしか判断しない男とはつきあう・流れでズルズルと同棲して長期に渡れば、年をとったあと30代以上で捨てられて再起不能になる。女の若さにだけ目がくらむような男性とは、つきあわないこと。

人と人としてお互いに愛情をもって、相手の将来を考えられるような関係になっているのがベスト。

ある程度関係が発展したら「結婚」するのかどうか、けじめをきっちりつけることが大事。さもなければ男のいいように『都合のいい存在』として扱われ、最後には捨てられる。

コメント

  1. はじめまして。
    色々楽しく読ませていただきました、ありがとうございます。
    私は過去数年間女性と同棲しておりました、その女性と結婚する気はありましたので私が32歳、彼女が31歳の時彼女にプロポーズしたのですが彼女の返事は『仕事がようやく面白くなってきて責任ある地位にもつきかけているので今はまだ結婚する気にはなれない』でした。
    その事がきっかけとなり私は両親が勧める女性(当時私33歳女性27歳)と見合いし彼女と別れて結婚した訳なんですが、同棲していた彼女は41歳になる今でも独身だそうです。

    私は子供が欲しかったのでその気がない同棲相手と円満に分かれて他の女性と結婚しましたが、子供がどうしても欲しくなかったら・・・・
    どうなっていたんでしょうね?

    • 中年様

      コメントどうもありがとうございます!

      >私は過去数年間女性と同棲しておりました、その女性と結婚する気はありましたので
        

      男性のほうから結婚を考えてプロポーズ、って女性からするとすごくありがたいし嬉しいことです。

      でも、中年様の彼女さんはお付き合いされていた当時はきっと、結婚願望が低かったんでしょうね・・・なかなか、もったいないお話です。
        
       

      >彼女は41歳になる今でも独身だそうです。

      おおう、今はきっと、「逃した魚は大きい」と彼女は思っているのではないでしょうか。
        
       

      >子供がどうしても欲しくなかったら・・・・どうなっていたんでしょうね?
        

      う〜ん、ズルズル同棲生活。彼女はきっと40代という大台に入る前に結婚をねだってきて入籍、というパターンだったのではないかしら。
        

      コメントの内容を拝見した限りでは、結婚観が違う相手に早めに見切りをつけて、お幸せになられている様子ですので正しい選択だったのだと感じます。

      結婚って、タイミングですよね。

        

コメントする


※メールアドレスは公開されません。