1. ホーム
  2. 婚活
  3. ≫結婚を「老後の保険代わり」に考えている婚活男女の盲点とは

結婚を「老後の保険代わり」に考えている婚活男女の盲点とは

喪女美

結婚は所詮、打算なしではありえない。
「老後の保険代わり」に考えてませんか?

女性の老後と結婚という名前の保険

pablo

アラサー過ぎてくると、女性の場合は「子供が産めるのか」という年齢的な不安とともに、経済力の弱さから「老後までしっかり養ってもらえるのか」という視点で相手を見るようになります。

男性に経済力を求めるのは、贅沢放題の生活がしたいというよりも「死ぬまで安定した生活ができるかどうか」というサバイバル視点でみているわけです。女性のこのあたりの視線はかなりシビアです。

婚活女性が「年収」にこだわるのは、(中にはもちろんエステに高級ランチなど、贅沢したいからという人もいるけど)「この男と結婚すれば、残り数十年の人生、老後になっても安心して生きていける」という保険がほしいからです。

自分と子供を将来ずっと食べさせてくれる男性、という安心感は何ものにも代えがたい優良な『老後の保険』というわけです。

 

男性の老後と結婚という名前の保険

pablo

一方、男性側にとっては30代、40代ではまだまだ働き盛りで稼ぎがいい人はいいだろうし、「金があればいつでも若い女と結婚できる」という自信から「結婚して妻に財布をにぎられて小遣い制だなんて冗談じゃねえ」と強気です。

専業主婦なんて寄生虫扱い。そんなヤローどもが弱気になるのは体力の衰えを感じる頃、あるいは病気になって心細くなってしまう頃です。『こういうときに看病してくれる人がいないと困る』とようやく気づきます。

もうひとつのパターンは「両親の介護が必要になる」ケースです。自分の代わりにしっかり親の介護をしてくれる妻がほしい、と嫁を求めるようになります。つまりは男性にとって、老後の結婚は「弱った自分の面倒を見てくれる看護婦兼家政婦」「年取った両親の介護人」としての保険であるのです。

 

「独身で大丈夫なの?」の言葉の裏側

 

独身でいると既婚者たちから「どうして結婚しないの?独身で大丈夫?」と奇妙なくらいに心配されるのは、『老後に何の保険もかけていないけど、あなた何かあったときに大丈夫?』という意味だったのです。

そう考えると「結婚しろ圧力」の正体も見えてきて、それほど腹が立たなくなります。「ひとりで寂しくないのか」という言葉を直球で受け取ると「余計なお世話です」と言いたくもなりますが、「老後の不安を解消するための保険をかけていないじゃないか」と言われれば、「う〜ん、まあ、そのとおりですねえ」と言わざるを得ません。

結婚は宗教?既婚者の「結婚すべき」圧力はほとんどカルト布教の域

結婚しても離婚したら独身よ?

pablo

結婚は人生のゴールにたとえられていますが、昔のようにひとりの人と一生どこまでも連れ添い、ともに白髪の生えるまで、というのは幸運な夫婦だけです。近年ではあっさりと結婚を解消して離婚する夫婦が増えています。

上記のたとえで言うのであれば、『老後の保険を中途解約してしまった』状態。払った保険料のぶんだけモッタイナイ!?

離婚率は年々あがる一方で、「3組に1組」が離婚する社会においては、バツイチ、バツニだらけ。結婚経験はあるけども、実質「おひとりさま」というわけです。場合によってはコブ付きで再婚も望めず、将来子供に頼れればいいけれども、子供も子供の人生があるからねえ、と悩ましくなります。

熟年離婚も増加しており、足腰立たなくなってパートナーに頼ろうと思った矢先に、奥さんから離婚を言い渡されたという男性も珍しくなくなりそうです。「お金さえあれば結婚できる」と言っても、年寄りが金をもつと今度は「後妻業の女」に狙われるのでご用心です。(怖い世の中だね!)

金さえあれば若い女と結婚できると豪語する男は「後妻業の女」に狙われればいいと思うんだ

老後の安心のための結婚

 

ライフネット生命の調査によると、震災後に「老後の安心のため」に結婚したいという40代が5割増しになっています。何が起こるのかわからない人生だからこそ、何かあったときに「誰かにそばにいてほしい」「話し相手や相談相手がほしい」という気持ちも高まります。

他人は所詮、他人です。血のつながりがなければ、苦境にあっても簡単に手を差し伸べてくれるような人はいません。血のつながりのない他人でもっとも信頼できる相手が、婚姻関係を結んだパートナーと言えます。

「今はいいけど、このまま年をとったら、老後はひとりで部屋で孤独死かなあ」

こんな想像をしてしまいますよね。誰もいない部屋でひとりさみしく死んでいく。それが怖いからこそ、人は相手を見つけたいのかもしれません。『老後の安心のための結婚』というと、男女とも打算でいっぱいですが、現実的にパートナーの力を必要としている、ということでもあります。

離婚や死別で一人になる人もいるわけで、結婚がすべての「安心」とはかぎらないけれども。打算を超えて「相手の力になりたい」と思ってあげられるような人が見つかれば、それは幸せなのでしょうね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。