1. ホーム
  2. 結婚・婚活・恋愛漫画
  3. 東京タラレバ娘
  4. ≫「東京タラレバ娘」でみっともないアラサー女性像を作られて大迷惑している本物の独身女性たちの生の声

「東京タラレバ娘」でみっともないアラサー女性像を作られて大迷惑している本物の独身女性たちの生の声

喪女美

「東京タラレバ娘」のドラマ化で、独身女性たちが大迷惑。

あの漫画の独身女性像はあたしらじゃねーよ。

マジ迷惑。ホント迷惑。

東村アキコはこっち見んな!

本物の独身女性たちが感じた「東京タラレバ娘」の虚飾

「ちっ、ドラマ化までしやがったか」

あの忌々しいアラサー独女叩きの旗手・東村アキコ作の漫画【東京タラレバ娘】がトントン拍子でドラマ化され、あちこちで有名になっているのを横目に舌打ちしていた喪女美です。(ドラマなんか勿論見ねーよ)

タラレバについてのエントリーは1記事だけで十分だし、あえてあげまい・・・そう思っていました。

ところが東京タラレバ娘が世間一般に広く認知され、タラレバ娘をダシに周囲の心無い人たちから傷つけられ、その悪影響で迷惑をかけられている独身女性たちからつぎつぎと当ブログに熱いコメントをいただいたので、「これはご紹介させていただかなくては」と思いたち、記事にする次第です。

彼女たちに共通しているのは、『東京タラレバ娘が描いているアラサー独身女性像は嘘っぱち。あれを自分たちだと周りに思われたら大迷惑』だということ。

以下エントリーに寄せられたコメントからご紹介します。また、コメントを読んで喪女美があらためて感じた「東京タラレバ娘が犯した罪」について考えていきたいと思います。

⇒【東京タラレバ娘】東村アキコはアラサー未婚女に一体何の恨みがあるんだよ

 

東京タラレバ娘の罪・その1 東村アキコは自分の読者層をバカにし、自ら足場を叩きつぶした

『このお話は現実離れしてるし、アラサー以上の独身女をバカにし過ぎてます。』

マリマリ様のコメントより

 

このコメントのご意見のように、多くの独身女性たちは「東京タラレバ娘」において実像と違うイメージを押し付けられ、いわれなき中傷にさらされた挙句にさんざん馬鹿にされたと感じている。

東村アキコの読者層って、アラサー女性がメインだと思うんですよね。漫画家にとって読者というのはいわば、自分の生活そのものを支えてくれる足場そのもの。

けれど支えてくれているその読者たちに対して、作者自身がいきなり宣戦布告をしてきた。

あとがきでどんなに「私は独身女性を馬鹿になんてしていません! 結婚できないアラサーにエールを送っているだけなんです」と自分は独女の味方アピールをしていても、あの変なお団子ヘアジャージ女の姿で「バーカバーカw」と面と向かって煽り馬鹿にしてくる様子しか目に浮かんでこない。

「結婚できない女は社会からゴミ扱いされても仕方ないだろwww
少女漫画思考で甘っちょろい考えだから、いつまでたっても結婚できないんだよ。
悔しかったらあたしみたいに結婚してみせろ!誰でもいいからさ。バーカバーカw」

 

彼女がどのくらいひどいことをしているのか例え話をすると、道を歩いていた見知らぬ女性をいきなり水たまりの中に突き飛ばし、倒れて泥水で汚れている姿を写真に撮ってツイッターで晒して「うはwみっともねーww支えてくれる彼氏がいない女は情けないよねぇえええ」と大喜びで自分の犯行をツイートしているバカッターくらいひどい。

さらに、タラレバ娘とは直接関係ないが、この作者は「ヒモザイル」という漫画においても自分の男性アシスタントたちを「成功できる可能性皆無、社会の底辺で夢だけ見ているブサメンでダサくてモテないどうしようもない男たちだから、勝ち組の自分がこいつらをイメチェンさせて高収入の独女に養ってもらえる立派なヒモに育て上げる」という趣旨の企画で漫画を描き、「男性への人権侵害」だと見事にどこかから圧力がかかり、たった数話で連載は終了した。

業務とは関係ない子守までさせて、見栄をはりたいママ友の前では「自分の子飼いの手下」よろしく「バカばっかだけど気のいいやつらだから、いつでも子供預けにきて」と親方ぶりを見せつけ、部下に対する敬意のかけらすらない態度であらゆる層をドン引きさせていた。

タラレバ娘のメイン読者層、自分の仕事を手伝うアシスタント、というように自分を支えてくれる大切な人たちに対してあえて喧嘩を売る、馬鹿にするという『自分で自分の足場を崩す』行為が大好きなようである。今は勢いにのっていてまわりが見えないようだが、足場を失った者の末路はどうなるのか。無論、消え去るのみである。

同じアラサーとはいえ独身ばかりではなく既婚者もいるわけで、この漫画を面白いと読む人はもちろんいる。だが、確実に彼女に馬鹿にされた独身女性読者の恨みは買っており、この先面白い作品を描いたとしても『今後、東村アキコの作品は絶対買わない』と離れていった読者たちはいる。わたしもそのひとりである。

 

東京タラレバ娘の罪・その2 世間の男性たちに本当ではないアラサー女性のイメージを流布し、独身女性を叩きやすい材料を与えた

『ドラマで堂々とアラサー女叩きをするのは、なぜ許されるのか、理解に苦しみます。ネットには「あの漫画に腹を立てるのは、すでにタラレバ女の証拠」「真実を突いている」などの意見があふれていますが、馬鹿も休み休み言えって感じです』

海豚様のコメントより

 

このご意見から伝わってくるように、東京タラレバ娘で間違ったアラサー独身女性像が広く流布されてしまったがために、大きなストレスを抱える女性たちが出てきています。

ぶっちゃけ、東京タラレバ娘がこれほど有名にさえならなければ実害はないのですが、ドラマ化によって今を生きる本物のアラサーまわりの女性たちに大きな迷惑がおよんでいるのです。

東京タラレバ娘で描かれているヒロインたちは、アラサー女性の典型的な姿としてモデリングされていますが、『本物』のアラサー女性たちは「わたしたち、あんなんじゃない! あんなふうに描かれて男性たちに勝手に誤解されたら大迷惑!!」と、考えています。

そして最大の罪は、もともと女性をいじって叩きたいという願望があるオヤジたちに格好の独身女性叩きの材料を提供してしまった、ということです。

職場で「君、あのドラマのタラレバ娘なんじゃないの〜? そろそろ現実見つめて理想さげて結婚したら?」と、タラレバ娘は男に飢えた結婚できないバカ女、というわかりやすいイメージであるがゆえに、『タラレバ娘』というキーワードを糸口にモラハラ、セクハラが展開されやすくなってしまいます。作者自身が女性であるために、男性側も引用しやすいからです。

それに対して独身女性たちはいちいち「あれは独身女性を見下している漫画家が勝手に想像した架空の人物像で、今のアラサー女性とはまったく感覚が違いますよ」と説明しなければならない羽目に陥ります。

誠に残念ではありますが、社会は常に「わかりやすい生け贄」を求めています。集団の中で1〜2割の人間が必ずいじめに合う構図はそのためです。

叩きまくってもニコニコ笑って反論しない、おしとやかな独身女性たち。悪口を言われても言い返すことは女性としてはしたない、と耐えているのです。

しかしながら未だ成熟していない原始社会では弱肉強食の法則が生きており、「大人になって対応する」「おとなしく黙って耐えていれば、いつか相手もわかってくれる」という美徳は通用しません。それどころか、「こいつらはぶっ叩きまくってもまったく反論さえしてこないから、もっと叩いていじめてやろーぜ!」と考えるのが連中です。

喪女美ですか? おしとやかな女じゃねえから、優しくしとやかな独身女性たちが言えないぶん、反論しています。

文句あんのかゴルァ。

いずれにせよ、ターゲットにされやすい独身女性たちに対して、さらに叩きやすい材料を提供してしまったという点で東京タラレバ娘の罪は重いです。

 

東京タラレバ娘の罪・その3 フィクションと銘打って逃げる巧妙な女叩きの構図をつくりだしたこと

『さらに「フィクションである」ことを口実に、あり得ないほどみっともないアラサー女性像(股が緩い、若い男に飢えている等)を描き、人格の欠損と未婚とをさりげなく結びつけます。批判されたら「フィクション」だといい、肯定意見に対しては「結婚できない現実のアラサー女への警鐘」だと、都合よく言い抜けます』

海豚様のコメントより

 

大変鋭い考察、喪女美は感心致しました。

東京タラレバ娘に対するモヤモヤしたもの、言語化できなかった部分がすべてこのコメントに凝縮されています。

そうなんですよね。作中の人物(主にKeyというキノコカットの気持ち悪いイケメン設定の男)に、独身女性に対する作者の本音をズバズバ言わせて傷つけ、「いくら創作だからと言って、ひどすぎるんじゃ?」と疑問を呈すると「これはただの漫画なんだから、そんなに本気で反論しなくても」とフィクションであることを言い訳に逃げられます。

逆に「タラレバ娘で語られていることは痛快。日本の独身女性は甘え過ぎだよ」と持ち上げる読者に対しては我が意を得たり、とばかりに「そうなんです!結婚できないアラサー女性へのバイブルとして活用してほしいですね! この本を読んで結婚できた、と報告してほしい」と調子にのる。

少子化、未婚率の増加の原因は独身女性たちのプライドや理想が高すぎる・妥協して結婚しないから悪いんだ、という女叩きの構図をいつでもいい抜けられるように巧妙につくりだしてしまっています。

また、喪女美はこの漫画がどうしてこんなにも東京オリンピックにこだわるのかわからなかったのですが、海豚様のコメントによりその意図がわかってとてもスッキリしました。

「国家行事である東京オリンピック」=「女は国家への貢献度が低い」=「結婚しない、子供産まない女は悪い」という印象操作の流れになっていたとは、慧眼です。

 

「東京タラレバ娘」結婚プロパガンダの可能性を探る

『昭和の価値観の男社会に媚びて同性を攻撃』
『女は男の目線で生きろ、男に媚びろ、カスな男でも妥協しろ、我慢して男と一緒にいろ、一人が良い人間は価値の無い余り物(女に限る)、by男の価値観、と。。。』

ちん様のコメントより

「東京タラレバ娘」が発するメッセージは非常にわかりやすい。

「アラサーになってもまだ結婚していない女は、誰でもいいから四の五の言わずにさっさと結婚しろ」

「結婚できない・子供を産まない女は社会で無価値だ」

ヒット作は作家だけでつくれるものではなく、裏で仕掛け人が必ずいる。あっという間のドラマ化は、「独身をできるだけ早く結婚させて子供産んでもらわないと困るやつら」によるプロパガンダではないでしょうか。

「東京タラレバ娘」は少子化対策のために国家が仕掛けたメディアによるプロパガンダの可能性は? 東村アキコはただの使い捨てのパペットで、裏で独身を恐怖で煽り、結婚しろ、子供産めとハラスメントで追い詰めて糸を引いている何者かが・・・陰謀説に走るとカテゴリ違いになりますが、社会ぐるみの独身女性叩きは目に余っており、ありえなくもない。

この漫画のメッセージはまさに昭和のオヤジ臭が漂っているんですよね。作者が女性なのに、なんか違和感を覚えるのはそのあたりです。

仕掛け人は昭和思考のオヤジ、

でファイナルアンサー。

 

仮にこれが結婚プロパガンダを目的とした作品だったら、言っておきます。

「人の恐怖を煽って目的を達成しようとしているのであれば、下の下。下策だよ」と。

広告の真骨頂は『ほしいと思っていなかったものをほしがらせる』ことにあり、恐怖で動かすやり方なんてヘタクソすぎる。

現に、「東京タラレバ娘」に嫌悪感を感じる女性は多数おります。男たちが便乗して調子に乗ってディスってきたことで反骨心が芽生え「なんで面と向かって自分をディスってくる失礼なやつらなんか好きになれるの? もういい。男なんかいらんわ」と感じている。

プロパガンダで結婚させたいなら、

ハーレクインロマンスを使え。

あれには女性の愛と結婚に対する幻想がぜんぶ詰まっている。オヤジにはわからんだろうが。タラレバ娘はいらん。現実が世知辛いってのは、独身女性はとうに知ってるからうらやましがらせるだけで十分。

次の作品は、

うらやましがらせるもんにしとけ。

 

作品に作者の思想や自己主張はいらない

 

漫画読んでいて一番白けるのは、作者の思想が盛り込まれているとき。漫画に作者の自己主張はいらんのですよ。

人気漫画のアニメやドラマを見ても「あれ? そういえばこの作品の作者って誰だっけ?」というくらい黒子に徹している作品のほうがいい。

あたしらが金払って漫画読むのはエンターテインメント・娯楽を求めているわけで、作者の顔が見える話なんてべつに金払って読みたくないわけ。重要なのは物語そのものであって、いちいちキャラクターに自分の思想を言わせて説教かます作品なんかうっとうしい。

タラレバ娘はさんざんKeyとかいうキモいキノコカット男に、「30超えたおばさんが二人のイケメンから言い寄られるなんて少女漫画でご都合主義」と発言させてくさしておきながら、当の本人が30超えたおばさんに一方的に言い寄ってくる形になっておりタラレバ娘そのものが「少女漫画」になっているという皮肉。

わざとやってんじゃなかったら整合性とれてねーぞと誰かツッコミ入れといてくれや。

あと、Keyは最強のイケメン設定になってるけど、「思ったことがつい口に出てしまう性分」と言い訳してTPOをわきまえずに言っちゃいけない発言を公衆の面前で連発する男なんか地雷だろうが。こんなのがツレだったら恥ずかしくて歩けないわ。通りすがりの他人様に、いついいがかりつけるかわからん男なんて爆弾だろ。

「Keyがバッサバッサとタラレバ娘を斬り捨てる発言は痛快」という男だって、タラレバ娘じゃなくタラレバ男だったらどうよ。

「いい年してフリーターでいつまでも夢を追いかけて『ビッグになったら』『もっと若くてかわいい子とつきあえたら』だの根拠のないタラレバ話でよく盛り上がれるもんだよな。金がなくてオヤジ臭と口臭がキツくて風呂にも入らず汚くてセンスはダサダサでハゲてデブでゲームとAVしか見てない家事もろくにできないクソメンに女が振り向くわけないだろ」

と居酒屋でいきなり絡んでくるような男だぜ、こいつは。それともアレか。男にこんなこと言ったら殴られる可能性あるから怖くて何も言わないのか。かよわい女には言えても男には言えない弱い者いじめの優男か。

タラレバ娘は作者の「あたしが」「あたしは」「あたしの」と自分の思想の刷り込みが激しすぎて鼻につく。特に作者の「女は結婚していなければ人生無意味」という価値観が。こんなに自分を全面に押し出して作品に登場なんてしてなけりゃ、嫌われることもなかったのに。作者の顔出しはリスキーです。今更言っても遅いけどね。

 

「嫌なら読むな」→そのとーりだね!

 

フィクションに過ぎないただの漫画に、こんなに真剣に反論するなんて・・・嫌なら読まなきゃいいのに。

そう思ったあなた。本当に、そのとーりです!!

暇つぶしに漫画でも読もうか、と選んだ本で、なんでわざわざ読んで嫌な気分にさせられるものを選ぶのか。「嫌なら読むな」は至言で、嫌なものを読み続けるなんてまさにマゾです。

世の中にはそれこそ、星の数ほどたくさんの素敵な物語、面白い漫画があふれています。なぜに読んだら嫌な思いをする「東京タラレバ娘」をわざわざピックアップして読む必要があるのでしょうか。(いや、読む必要はない)

メイン読者層であるアラサー女性をヒロインに据え、そのヒロインをけちょんけちょんに貶め間接的に読者を馬鹿にし、人を傷つける作品に対して金払って読むなんてマゾでしかありえませんよね。

うん、東村アキコ作品なんて嫌だからもう読まないわ。

 

彼女に望むのはひとつだけ。

こっち(独身女性を)見んな!!

 

まとめ

 

・東京タラレバ娘のアラサー女性像はあたしらと違うから
・作者は独女の味方アピールするが、独女見下してんのはわかってんだよ
・男を立派なヒモとして養成しようというヒモザイルもひどかった
・作者は読者を馬鹿にして、土台となる足場を自分で崩した
・漫画を鵜呑みにした男たちに女叩きの材料を与えた
・「フィクションだから」で逃げる女叩きの構図をつくりだした
・結婚プロパガンダならもっとうまくやれ
・漫画に作者の思想や主張はいらない。白ける。
・アラサーを少女漫画思考と批判する東京タラレバ娘こそ少女漫画
・Keyは言っちゃいけないことをTPOわきまえず連発するただの地雷男
・タラレバ娘をあざ笑う男は「タラレバ男」としてディスられてみよ
・「嫌なら読むな」→わかった。もう読まない
・東村アキコの作品はもう買わねーよ。マゾじゃねえし
・東村アキコはこっち見んな

コメントをお寄せいただいたみなさま、本当にありがとうございました♡ m(_ _)m

コメント

  1. 「怒れ」というか、「笑え」だと思いますよ。
    本当に確固たる女性観があってタラレバ娘を読んでるなら、あの三人は『10年前のダサ男が熟成してから欲しくなる』『売れないバンドマンが売れてから欲しくなる』『ゲス不倫をOKする』パッパラパーばっかりで、指を指して笑う存在どもですよね。

    怒るべきなのは「50歳処女で20近く年下に言い寄られて本気でときめく」女に吐き気がすると言わず、フィクションだからとも言わず、呪いをといてもらった!と寝言を言ったり、いまさら「君はペット」を映画化するような世の中でしょう。

    モラハラセクハラを平気でする男どもも腹が立ちますが、婚活という言葉が生まれた2007年どころか、クロワッサン症候群の2000年以前、もっと前から未婚というマイノリティは風当たりが強いのはわかっていて、自分がそうでない時には何も言わなかったのに、マイノリティに所属してから声高に文句を言う後だしジャンケンの姿勢には頭が下がります。社会に出て何年も経ってるはずなのに、その程度の覚悟もなければ、想像力も無いのはある意味凄いなー。

    と、娘にミルクを飲ませながら感じました。上から目線ですみません。

    • obake様

      >怒るべきなのは「50歳処女で20近く年下に言い寄られて本気でときめく」女に
      >吐き気がすると言わず、フィクションだからとも言わず、呪いをといてもらっ
      >た!と寝言を言ったり、いまさら「君はペット」を映画化するような世の中でしょう。

      うん、そういう視点もありますよね。

      >婚活という言葉が生まれた2007年どころか、クロワッサン症候群の2000年以
      >前、もっと前から未婚というマイノリティは風当たりが強いのはわかっていて、自
      >分がそうでない時には何も言わなかったのに、マイノリティに所属してから声高
      >に文句を言う後だしジャンケンの姿勢には頭が下がります。社会に出て何年も経
      >ってるはずなのに、その程度の覚悟もなければ、想像力も無いのはある意味凄いなー。

      ちょっとこれ、何言いたいのかわかりませんでした。

  2. 東京タラレバ…テレビもドラマも漫画も殆ど観ないのですが、打ち合わせ中に雑談でタラレバ〜の話題があり気になって漫画もドラマも観てしまいました。面白かったです。
    「あたしらじゃねーよ」と裏腹に?私の周りの40代未婚女性そのもの!でした。逆に「私の周りだけじゃないんだ!こんな独身女性は。」と思いました。
    喪女美さんと生活圏が違うからでしょうか?
    「いい男いない〜!紹介して〜!」が口癖で、週明けはネット婚活で出会った男性たちの悪口を電話してきて、何かあれば「女子会しようよ〜」「20代のあの時のプロポーズ受けてたらな〜」。
    実家住まいで親の悪口を言い放題で稼ぎもよくないのに男性には収入と若さを求めて。
    私の周りの40代未婚女性はそんなタイプが殆どです。
    自立して子育てや家事もこなしている身としては、自立も出来ずに理想ばかり連ねては群れて毒ばかり吐いている彼女たちには愛にあふれる未来は無さそうに思えてきます。

    • SBT5様

      アラサーとアラフォー、お住いの地域でまた、違うんでしょうかね。最近は、独身既婚、年代、性別で一括りにするのは視野が狭いのかなーと感じてきました。

      正直、もう「タラレバどうでもいい」って感じ(笑)

      グチグチ他人様のことに首突っ込んできてさ、おまえらは腹ん中で勝手にカテゴリーつくって見下してればいいんだよ、と。

      人間って比較しなければ自分の幸せを確認できない動物なのかもしれませんね。

  3. タラレバ云々よりも
    「娘にミルクを飲ませながら感じました」
    「自立して家事や子育てもこなしている身としては」
    コメント欄でこんなにあからさまなマウンティングをしてくるほど結婚とは女を鬼に変えるものなのだな~と感心しました。
    鬼女とはよく言ったものですね!すごい!
    誰かを自分より下だと思わなければ幸せを感じられない生き物なんでしょうね人間って。

    • 海苔様

      >コメント欄でこんなにあからさまなマウンティングをしてくるほど結婚とは女を鬼に変えるものなのだな~と感心しました。

      あはは!わかりましたよね? わたしも笑っちゃいましたよ。このコメントの人。あえてツッコミはいれませんでしたけれど、海苔様が言ってくれたので大笑いです。

      でもリアルでこういう感じの人って結構いるんですよね〜。いちいち相手にしてたらしょうもないと。たまに腹が立ったらやり返しますけど(笑)

      コメントありがとうございました〜

  4. はじめまして。
    論旨には完全に共感するのですが、作者をおっさん認定して結局男叩きしてしまうのは、この漫画がアラサー女性叩きしているのと全く同じ構造になってしまうと思います。
    作者は確実に40の女性ですよ。

    • はるまき様
      作者の話じゃなくて、作者の後ろにいる人間の話です。よく読んでね。

  5. 喪女美様

    お金さえあれば~の記事ではお返事ありがとうございました。
    最新記事も拝見し、あんな商品があるとは知りませんでした。
    資産運用の例として参考にします。

    ところで、喪女美様がおっしゃる通りタラレバは酷い独身女性蔑視の漫画ですね
    本当何の恨みがあるのかと思います。
    第一、主人公の三人のどこが不幸なのか、全く分かりません
    経済的に恵まれ、仲のよい友達がいてざっくばらんに話ができる
    それで十分じゃないですか?
    私は彼女達程裕福ではないし、友達も少ないから羨ましいくらいです。
    恋人がいなくても結婚してなくても。それなのに随分な言われようです。

    そこら辺の名の知れない漫画家が書いた漫画なら、影響もないですから無視しておけば良いですが、これはそうはいきませんよね
    独身女性はただでさえ風当たりが強いのに、同じ女である筈の作者が更に風当たりを強めてしまった
    そのことに憤りを感じます。

    • mk様

      >最新記事も拝見し、あんな商品があるとは知りませんでした。
      >資産運用の例として参考にします。

      ゼヒゼヒ。税制上かなり優遇されてるんですが、政府のPR足りなくて意外とまだ知らんひとが多いようです。

      証券会社はSBI証券がおすすめですよ〜。(わたしはSBI使ってます)

      最近イデコの運営管理手数料が無料になったし、投資信託のラインナップが最多です。
        
        
      >独身女性はただでさえ風当たりが強いのに、同じ女である筈の作者が更に風当たりを強めてしまった
      >そのことに憤りを感じます。
        
        
      ホント、ここなんですよね。

      世間、というかマスコミがいじめるターゲットとして独身女性を狙ってる感がしています。

      よわっちくて、反論もしないしもっと叩いてやれみたいな。

      その片棒をかついでいるのがタラレバだと。

      こういうのには、難癖つけたら三倍返しにされる、と思わせたらいいんですよ。

      動物と一緒で強いものには弱く、弱いものには強いという連中ですから。

      独身女性は、強く生きねば・・・

  6. ここのコメントすごいですね。
    「未婚は風当たりが強いと分かっていて、自分が若い未婚の時は何も言わずに、30過ぎた未婚というマイノリティになったら抗議するのは後出しジャンケン」??

    自分も、例えば今後夫や子どもをなくすこともある。犯罪者の親になる可能性さえあるのに、そんなマイノリティになることを覚悟して、今から何か声をあげてるのか?といえばあげてないでしょ。

    しかも、差別されたくないから、結婚し出産したのか。
    そんな母親昔はたくさんいたけど、被害者意識が強くこどもに八つ当たりしがち。
    夫婦揃って冴えなくて親に似てもいいことなく、こどもにとっていい迷惑です。気持ち悪いなと思いました。親が差別者だと、こどもにも感染するし。

    あと、「わかる、わかる周りの独身女性はみんなこんな感じ」と思ってるやつ。
    そんな独身女性しか周りにいないのは、自分のレベルが低いから。自分も低俗だから周りも低俗なの。それだけ。
    または、自分がより下らない人間なので周りを悪くしか見られないかどちらかだよ。

    むしろ親になってほしくない人がいっぱいいる。
    イジメ多い国だけあるな~。

    • たか様

      熱い連投コメントをありがとうございます。

      わたしも最初は「結婚したっていうだけで、独身に向かって好き勝手言ってんじゃねえ!」とお怒りモードからはじめたブログですが、最近はなんというのでしょうか。

      悟りの境地に入りつつあります。
        

      おまえらは好きなこと言っていろ・・・わたしも好きなことを言う。

      発言も思想も、自由ですからね。
        

      >むしろ親になってほしくない人がいっぱいいる。
      >イジメ多い国だけあるな~。
        
       

      親による子供の虐待件数を調べたら、ゾッとしますよ。なんで産んだのかと。

        

      出る杭は全力で叩きまくる、レールを外れた敗者(結婚のみならず、仕事においても)には復活戦が用意されていないどころか、袋叩き。

      はみ出し者に優しくない国です。

  7. なんか大変だな?独身女性も男性も。
    今の時代、男女問わず『お一人様』を楽しめるインフラやシステムがかなり充実してんだから結婚なんぞこだわらず楽しく過ごせばいいんじゃないかな?
    『大阪タラレバ親父』の素朴な意見でした(^。^)y-~

    • 通りすがりの大阪タラレバ親父様

      こんにちは!
       

      >今の時代、男女問わず『お一人様』を楽しめるインフラやシステムがかなり充実してんだから結婚なんぞこだわらず楽しく過ごせばいいんじゃないかな?
       
       

      本当、おっしゃるとおりです。

      現代はひとりでも楽しめる娯楽がいくらでもあるから、休みの日でも充実してます。

      逆に「時間が足りない!」と思うほど。

      男女関係がめんどくさい、結婚すれば家族の問題で悩まされることも増えるだろうし、ひとりはひとりでいいんですよね。

      大阪・・・たこ焼き食べたいなあ。(全然カンケーない 笑)

コメントする


※メールアドレスは公開されません。